測量士は働きながらなれる?

測量士の求人探しTOP >> 測量士のFAQ >> 測量士は働きながらなれる?

測量士は働きながらなれる?

測量士は国家資格なので資格を取得しないと測量士と名乗れませんが、逆に考えると、資格を取得することさえできれば測量士と名乗ってもよいということです。なかなかの難関資格なので、測量士の資格があれば転職活動を進めるうえでも有利になることは間違いありません。しかも、測量士には年齢制限などがなく、資格試験は年齢、性別、経験等にかかわらず誰もが受験可能です。実際、30代や40代になってから測量士資格を取得し、新たなキャリアを築く人もいます。土木、建設、不動産業界など測量士が欠かせない業種はたくさんありますから、今はまだ何の知識も経験もないという人でも、働きながら資格を取得することは十分可能です。

測量士になるにはいくつかの方法があります。測量士試験に合格することが一つですが、それ以外にも、文部科学大臣認定の大学や専門学校で測量に関する科目を修了し、測量の実務(大卒で1年以上、短大・高専卒で3年以上)を積む方法や、専門の養成施設で測量士補になるのに必要な専門知識と技能を1年以上学び、測量の実務に2年従事する方法などがあります。つまり、試験を受けるだけでなく、実際に測量の現場で働きながら測量士を目指せるということです。測量士の専門学校のなかには夜間部を設けているところが多いので、仕事と学校の両立も可能です。

今から学校に通って勉強することが難しい場合は、独学で勉強して試験に合格すれば測量士になれます。合格率は10%をやや上回るぐらいの難関試験ですが、しっかり準備して臨めば独学でも十分合格可能です。測量士試験は過去問によって傾向と対策が立てやすい試験で、過去問が公開されているほか、参考書や問題集、通信教育などもあります。まずは過去問を手に入れて数年分に取り組んでみましょう。一人では難しいと感じたら、日本測量協会の主催する通信教育講座を受講するのもよいでしょう。1年ほど通信教育で学んで翌年の試験合格を目指すという人はたくさんいます。

理想としては、専門学校の夜間部で2年学んで測量士補資格を取得し、1年以上の実務を経験して測量士の認定を受ける方法です。専門学校は設備が充実していますし、実践的な実習が受けられるのが大きな魅力です。それに測量関連の企業ともパイプがあるので、卒業後の働き先が見つかりやすいというのもメリットです。専門実践教育訓練給付金制度が利用できる学校も多いですから、経済的な面でも助かります。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.