測量士のアルバイトは?

測量士の求人探しTOP >> 測量士のFAQ >> 測量士のアルバイトは?

測量士のアルバイトは?

最近の景気の低迷に加え、公共事業にかけられる経費も徐々に削減される傾向にある現在において、測量業界もその影響を強く受けています。そのため、測量を行う企業の多くが、未経験者を一から育成していく時間も余裕もないというのが本音でしょう。実際、測量士の資格があるだけで好待遇で正社員として迎えてくれる職場は多くありません。しかし、アルバイトの求人なら全国各地にあります。たとえ測量の実務経験がないとしても、測量士の補助やアシスタントして実務を学びながらアルバイトとして働き続けることで、いずれは測量士として独り立ちすることは十分に可能です。

測量を業務として行っている企業は各地にあります。測量士の職場と言えば測量事務所が真っ先に思い浮かびますが、それ以外にも測量業務を行う企業はたくさんあるのです。たとえば土木工事や建設工事を行う企業でも測量が欠かせません。また、不動産会社でも地籍測量が必要なので、測量のできる人材は必要とされています。ほかにも地図を作成する企業など、測量が業務の中心の企業は全国各地に見つかるはずです。測量士として好待遇として働くなら、大企業の正社員や市町村役場の土木課などの公務員を目指すのが一番ですが、未経験者がそれらに採用される確率は低いですので、地域密着の中小企業などでも、まずは測量のできる職場にアルバイトとしてでも採用してもらいましょう。そうやって実務経験を積むなかで、自分の能力や素養を生かせるポイントを見つけながら、測量業務に関連付けていくことが大切です。

また、余裕がある人は、アルバイトをしながら測量士以外の資格にも挑戦してみるのもよいでしょう。測量士資格保持者は各事業所に1名いればよいとされるので、測量士の資格さえあれば採用してもらえるという職場は実際少ないです。ですので、測量業務と関連する国家資格を併せて取得していれば、人材としての価値は何倍にも高まります。たとえば土地家屋調査士という資格があります。不動産会社で地籍測量を行う際に登記申請の作業が必要ですが、それには土地家屋調査士が欠かせません。測量業務と深く関連する業務であり、測量士資格を持っていると、土地家屋調査士試験の一部が免除されるという特典もあります。ほかにも行政書士や不動産鑑定士など、測量士資格と一緒に取得していると価値が高まる資格があるので、ご自身のキャリアプランと相談しながら最適な方法を探ってください。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.