測量士の志望動機のまとめ方は?

測量士の求人探しTOP >> 測量士のFAQ >> 測量士の志望動機のまとめ方は?

測量士の志望動機のまとめ方は?

測量士の仕事はすべての建設工事の現場で欠かす事のできない基礎となります。その為に、この資格を修得する事で建設・土木などの職場への就職率がアップできるというメリットがあります。そこで測量士としてより良い職場を望んでいる方は、効果的な履歴書作成術・面接術を確認しておくと良いでしょう。その中には志望動機をしっかりとアピールする事も含まれています。アピールポイントは、ずばり企業への貢献度と熱意を伝えるための適切な自己PRです。

まず志望する業種・職種へのこだわりをはっきりと主張するべきでしょう。『なぜこの会社に興味を抱いたか?この会社でどのような働きができると考えているか?』は、面接官もこだわって質問をしてくるところです。もちろん提出する履歴書でも端的に述べておかなければならない点です。志望動機には、測量士として求められる資質についてアピールしておきましょう。例えば高い測量精度を要する現場で、これまでに自分が培ったノウハウや几帳面さがどの様に発揮できるかを主張する事ができますし、あるいは『地図に残る立派な仕事をしたい』とか『地元の街整備のためのインフラや街つくりの役に立ちたい』など、具体的な目的や希望を添える事も効果的です。

そして、志望動機書での文章表現や面接時の発言方法にも十分に気を配りましょう。よくサンプル文をアレンジして文字数を埋めてしまう事がありますが、それでは十分に熱意や情熱が伝わらないでしょう。また他人の上手い言い回しを利用しても、決して自分の言葉にはならないものです。それよりも、自分の考えを自分の表現でアピールする努力をしてください。何度も何度も書き直して完成度を高めていけば、その方が魅力的な志望動機書になるでしょう。もちろん面接では、志望動機書に書いた内容を更に詳しく説明できる様にも準備をしておきます。

それでも不安のある方は、思い切ってプロのアドバイスを受ける事ができます。またネットには転職マニュアルなどを紹介しているサイトがいくつもありますので、そういったお手本を利用して、自分なりに添削をしてみるのも良いでしょう。思い付きやその場限りの応答では、適切な志望動機を伝える事は難しいものです。測量士は職場によっても働き方や取り組み方の異なる職種です。『どこでも良いから頑張って働きたい!』などの若者が言いそうなアピールでは採用もままなりません。これからの生き方も踏まえた内容で丁寧にまとめておくなら、質の高い志望動機になる事でしょう。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.