測量士のFAQ

測量士の求人探しTOP >> 測量士のFAQ >> 測量士は忙しい?きつい?

測量士は忙しい?きつい?

測量の仕事は基本的に野外活動が中心で行われます。都市部の測量から山道を徒歩で分け入る様な現場を測量する事もあるでしょう。そして現場によっては近辺に飲食店が無くて、ゆっくりとお茶をする休憩場所を見つけられないといった苦労もあります。それから天候の悪い時でも仕事へ出向く可能性があります。そんな時は測器が濡れない様に気を使いますし、強風でも積雪の中でも作業は行われますので体力的な苦労もあります。とくに真夏では、焼けるアスファルト上での作業がきついと言います。この様に測量士の仕事は、想像以上に体力を消耗する場合があるのです。人の入り込まない現場で思わぬ怪我をする可能性もありますし、そんな現場で計測ミスをしてしまえば余計な手間がかかり損失にもつながります。ですから、測量士には体力と正確な仕事を行う注意力、それに効率よく仕事を進めるための計画性が求められます。

とは言いましても、建築現場などのような重労働という事はありません。他の野外作業の中でも比較的に軽い作業です。またオフィス仕事にはない解放感や充実感を得られるのも事実です。それに仕事現場が絶えず変わって行きますのでマンネリを感じにくい職業とも言えます。地道に調査をする仕事ですので、野外ウォッチング的なフィールドワークが好きに方には適した職種でしょう。

もちろん測量士の仕事にもデスクワークは必須です。野外で調査した測量データを事務所に持ち帰って、パソコンなどを使ってデータ処理をします。基本的に処理するデータ量が膨大になり、土地利用の目的に即した計算・分析なども行うために長時間のデスクワークになります。単に位置情報だけを提供するのでは付加価値を高める事が出来ません。実はこの解析能力を問われるのも測量士の重要な資質なのです。データはソフトを使ったデジタル処理を行いますが、過去のアナログ的な紙資料も利用・管理します。そういった点を考えるなら、かなり根気の要る作業とも言えるでしょう。

また計測技術は年々進歩しています。過去の調査結果と最新の計測では時にデータ処理形式が異なる場合があって、解析ソフトで取り込む際に不適合が生じるケースもあります。その際は最新のソフトで処理ができる様にデータの加工をする必要なども生じて、なかなか手間のかかる作業になるのです。ですが、仕事は現地調査からデータ処理・解析、そして報告書の作成までを通して担当するために、自己責任を全うする事が出来る満足感・やりがいを実感できる事はメリットだと言えます。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.