測量士に英語力は必要?

測量士の求人探しTOP >> 測量士のFAQ >> 測量士に英語力は必要?

測量士に英語力は必要?

測量士の仕事はいろいろな用途のために役立ちますので、様々なタイプの会社が求人を出しています。一般的なのは住宅建設や土木建設を行う建設会社、もしくはそれに関連する測量会社からで、全体のほとんどを占めます。後は、地図作成を行う企業や、カーナビ開発会社などがあります。業務の進め方に多少の違いがあるとはいえ、基本的には同じ技術を用いて仕事がなされますので、測量士の資格とスキルがあれば自分の能力を遺憾なく発揮できるでしょう。しかし、中には特殊なスキルがあるとより自分を役立てられる職場があります。

それは、英語力を持っているという付加的なスキルです。測量士求人のほとんどは英語力を求めることはありませんが、一部の企業で英語力を応募条件としたり、英語が話せると採用に有利なったりするケースがあります。このケースは主に外資系の企業もしくは海外進出している日本企業からのものです。特にゼネコン関連の企業は、海外にプラントを建設したり大規模な開発を行ったりすることがあります。こうした一大プロジェクトでは正確な測量がどうしても欠かせませんので、スキルの高い測量士を日本から現地に派遣することになります。その際に、現地のスタッフとコミュニケーションを取る必要が生じますので、英語力があるととても助かるのです。

このように、英語力を持っていると日本国内だけでなく、海外での仕事にも携われるようになりますので、言語スキルと測量士の資格を同時に持っているのであれば、積極的にこうした条件での求人情報をチェックしてみると良いでしょう。海外事業に携わる時は、どうしても長期派遣となりますので、赴任費用もしくは駐在費用が別途手当として加算されます。給料事情という面ではかなり待遇が良い条件ですので、キャリアアップするのにも向いています。一方で、海外赴任となると単身赴任というケースも多いので、家族としっかりと話し合って決めることが重要です。または、家族もともに渡航して駐在員として仕事をすることも可能ですが、子どもの学校などの事情もありますので、じっくりと考えて決めることがどちらにしても大切と言えるでしょう。

測量士というスキルに加えて英語力を持っていることで、自分の活躍の場を広げることができます。特にゼネコンなどでは、こうした経験を積むことで出世することも容易になりますので、チャンスを逃すことなく自分のスキルを十分に活用するようにしましょう。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.