測量士の難易度は?

測量士の求人探しTOP >> 測量士のFAQ >> 測量士の難易度は?

測量士の難易度は?

測量士として業務を行うためには測量士、もしくは測量士補の資格を取る必要があります。どちらの資格も国家資格となっていて、試験をパスしないと取ることができません。そして、測量に関係する業務を行うにあたっては、これらの資格がないとできないことになっていて、独占業務という位置づけにあります。そのため、測量士としての仕事をしたいと思っているのであれば、国家試験にパスすることを第一目標としましょう。

測量士になるための国家試験は、特に学歴や年齢に関する制限がありませんので、誰でも受験することができます。例年この試験は5月に開催されて、午前と午後の部に分かれています。どちらの部も700点満点でテストが実施されます。出題範囲が広いこともあり、しっかりと準備をして試験に臨まないと合格はおぼつかないでしょう。実際に、例年の合格率は10パーセント前半となっていますので、難易度は高めとなっています。

独学でも勉強することができますし、専門学校に通ったり通信講座を取ったりして効率よく勉強を進めることもできます。書店などでたくさんの参考書や過去問題集などが販売されていますので、上手にこうしたテキストを使って勉強を行っていきましょう。受験対策のための時間をしっかりと取り分けて効率よく勉強していくことで、初めての受験でも合格することができます。

このように国家試験を受けて測量士の資格を取るのが一般的ですが、受験しなくても資格を取れる方法もあります。それは、測量士に関係するカリキュラムが実施されている大学や短大、高等専門学校を卒業している人たちは必要とされる実務経験を積むことで、自動的に資格をもらうことができます。もし、将来測量士としてのスキルを身に着けたいと思っているのであれば、こうした学校を選ぶことができるでしょう。

こうして取得した資格を生かすためには、測量会社などに入って実務を通してスキルを磨いていく必要があります。現場で学べることは机上の勉強で学べることと同じくらい重要ですので、仕事を通じて実際的な知識を身に着けていくようにしましょう。業務の種類によって微妙に求められるノウハウが異なります。どの分野における業務をしていきたいかを考えて、その業務をメインとしている会社を就職先として選ぶことも重要です。また、充実した研修制度があるところを選ぶことで、効率よくスキルを磨くことができて力を付けていくことができるようになります。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.