測量士の適性(向き・不向き)は?

測量士の求人探しTOP >> 測量士のFAQ >> 測量士の適性(向き・不向き)は?

測量士の適性(向き・不向き)は?

測量士に向いている人とは、一言で表すと調査のためのフィールドワークでフットワークが軽く、かつ正確な測定をするきめの細かな性格、大量のデータをまとめる我慢強さを持った方だと言えるかもしれません。そういった適性を具体的に考える場合に、測量士の仕事について十分に知っておく必要があります。仕事内容は大きく分けて2種類です。現場を廻る野外調査とデータ処理の事務仕事を並行して担当していきます。

一般的には建設現場の事前調査や地図作成のための測量などで、現地に出向いて事細かく土地測量を行います。その場合に効率的でかつ安全に仕事を進めるための事前計画を立てるのですが、この計画力が必須能力となります。利益を上げるためには、ダラダラと時間や手間を掛けられないというのが現状でしょう。この辺の手際の良さは、実績として給与面の評価にもポイントになります。具体的には、どの計測器を使い、記録容量はどのくらいで、解析ソフトに合わせたデータ取りの手筈、それにかかる時間や必要人員など、これらの事項をあらかじめ決定する力を持っている方、あるいは身に着ける能力のある方が成功すると言えます。

そして現場では、車の入れない場所へ入っていく事もよくあります。そんな時でも重い機材を担いで歩いて行かなければなりませんし、真夏のアスファルトの上で何時間も測量をしたり、逆に真冬の寒さに晒される事は日常的にあります。その為に健康体である事と忍耐力が要求されます。それから、データ処理は数字と図形、それに関数へのしっかりとした理解がベースにないと仕事になりません。測量機器が大幅に進歩して、仕事の面倒な部分をコンピュータが計算処理をしてくれる様になったとはいえ、そのデータを最終的に解析し、判断を下すのは担当者の責任です。ですから基本的な概念を理解しておくことは必須です。

そして測量士に必要な資質としては、コツコツと地道な努力ができる事があげられます。細かな部分にまでこだわって、決して手を抜かない丁寧さは大事です。測量ポイントを減らしたり、曖昧なデータを入力して誤魔化す方には不向きな職種だとも言えます。時には山中の森で、広大な面積の土地を測量する事もあるでしょう。そんな時でも根気強く測量を進め、発生するデータ・バグを処理し、出来上がった資料の山と格闘する根性が要求されるのです。この様に根気のいる野外作業と地道なデスクワークに耐えられる粘り強さがあれば、きっと高い評価を受け、良い職場を獲得する事が出来るでしょう。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.