測量士の年間休日は?

測量士の求人探しTOP >> 測量士のFAQ >> 測量士の年間休日は?

測量士の年間休日は?

測量会社での勤務形態をチェックしてみますと、多くの会社が土日の完全週休2日制を採っている様に見受けられます。また年間休日に関しても120日以上を明示している会社が多くあり、勤務形態に余裕のある職種だと言えます。これは測量士の職場が基本的に大手の建設会社や、その下請け会社が多いからでしょう。大手ゼネコンなどの会社カレンダーでは土日・祝日は休みになるものです。もちろん他の建設会社や建設事務所なども、それに準じて休みを取る傾向にあります。そして夏季休暇や年末年始の休み、それに年次有給休暇もしっかりと得られる職場が多いのも確かです。つまり測量士の方は、年休120日前後の勤務形態で働く可能性が高いという事です。

ただし繁忙期があるのはどの企業も同じで、小中規模の測量事務所ならば休日返上の勤務や残業の必要が出てきます。測量の仕事は特に官庁・役所から発注される事が多いので、行政予算がらみの年末調整時にはかなり忙しくなるケースが一般的でしょう。年末から動き始めて2月3月ごろがピークになります。どの現場でも納期の遅れは絶対に避けますので、この時期の残業時間が膨大に膨らむのは仕方がないかもしれません。その他にも季節や時期によって、一度にスケールの大きな仕事を受注する傾向があるために、そんな時は秒刻みのスケ―ジュールで働かなければならないでしょう。しかし反対に仕事の薄い時期も多く、その緩急の差が激しいのも特徴的だと言えるでしょう。

このため年末・年始の給料に残業手当が加算されると、ボーナス月の給料ほどのボリュウムがでる会社も珍しくはありません。そこで注意しておきたい事がサービス残業の有無です。基本的には仕事内容の専門性の高さゆえに、ほとんどの会社では休日出勤手当・残業手当を必ず付けるものですが、中には残業代が付かない事務所などが存在するのです。そこで休日出勤と残業手当に関しては、事前に必ず確認をする様におすすめします。それを質問する事で採用に問題が出る事はありません。きちんと言質を取っておくのは正しい権利ですので、遠慮せずに伺ってください。

しかし繁忙期のボリュウム如何では、その時期に過労・疲弊の心配があるかもしれません。そういった意味でも測量の仕事には、集中的な激務に倒れてしまわないだけの体力が求められます。もちろんつらい時期が過ぎれば、閑散期も意外と長いですから、ゆっくりと養生をして心も体も休める事ができるでしょう。多くの測量士の職場では、仕事が一段落した後に長い休暇を取得することができる可能性があります。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.