退職金が高い測量士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の測量士の求人 >> 退職金が高い測量士求人

退職金が高い測量士求人

退職金が高い測量士の求人をお探しの方にまず最初に知っておいてもらいたいことは、退職金とはもらえて当たり前の給金ではないということです。そもそも企業が従業員に対して退職金を支払う法的義務はなく、退職金を支払うかどうかは企業の考え方次第で決まります(ただし公務員なら法律や条例で条件を満たす人には支払われることが決まっています)。実際、民間企業の約4分の1は退職金制度がない企業であり、その割合は年々高くなっています。ですので、退職金を条件に転職活動しているのなら、まずは退職金についての記載が求人票にある企業に絞ってください。ただ、求人票に書いてあっても、実際に入社した後はその企業の業績次第では退職金制度がなくなるということもあり得ます。入社前に就業規則をよく読み、退職金について項目があることを確認しておきましょう。

測量士は官公庁でも必要とされる職種ですので、公務員として採用されればかなりの退職金が期待できるでしょう。民間企業と違って公務員の退職金は法律や条例で決まっています。公務員の退職金は、退職日の棒給月額に、勤続年数や退職理由によって決まった支給率をかけて調整額をプラスしたものが合計です。職務の級が高くなるほど棒給月額は高くなり、勤続年数が大きくなるほど支給率も高くなりますから、最も高額な退職金が受け取れる人は新卒で採用され定年まで勤め上げた人です。2000万円以上の退職金も可能でしょう。もちろん中途採用となるとそこまでの高額は望めませんし、自己都合で退職した場合は相当低くなります。それでも民間企業より相当高額な退職金がもらえるわけですから、可能であれば公務員を目指してみるのもよいのではないでしょうか。

退職金制度のある民間企業では、退職金の支払い金額は、退職時の基本給と就業年数を基本に決まりますが、企業ごとに決まった給付率をさらにかけて算出されるのが大きな特徴です。自己都合の退職なら給付率が60%程度と一般に言われていますが、企業によってはそれよりはるかに低いこともよくあります。民間企業でも高額な退職金が支払われる企業はありますが、それは一部の大企業に限ってのことです。その一部を除くと、公務員として働く方が退職金の金額は期待できるでしょう。いずれにせよ、企業規模が大きくなるほど退職金も期待できるのは確かなことなので、退職金が高い測量士求人をお探しなら、大企業に絞って探してみるとよいでしょう。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.