残業が少ない(激務でない)測量士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の測量士の求人 >> 残業が少ない(激務でない)測量士求人

残業が少ない(激務でない)測量士求人

どんな仕事でも残業が多い職場だとモチベーションがどんどん低下していくものです。測量士の仕事においてもそれは同様で、職場や職種、業種によって残業が多く激務の環境に晒されやすいところとそうでないところがあります。この点は求人探しを行う前からある程度踏まえておいた方がよいでしょう。

測量士の仕事はさまざまな業種で必要とされていますが、残業が多い時期とそうでない時期に波があるケースが見られます。特にその傾向が顕著なのが土木・建設関連の業界です。年度末など仕事が急増する時期がありますから、そうした時期にはどうしても忙しくなりますな。またこうした仕事には必ず工期・納期というものがあり、スケジュールに十分余裕を持って行えるケースも少ないため、忙しい時期にはどうしても残業や休日出勤といった激務に晒されやすくなるのです。実際に工事・建築現場で働く従業員に比べれば測量士は激務になりにくい印象もありますが、測量のために各地を駆け回らなければならないケースが多く、残業にプラスして出張・移動の負担がつきまとうのも大きな問題でしょう。

このように、もっとも需要が多い土木・建設業界は時期によって残業が多くなる傾向が見られます。これを割り切って受け入れるかどうかも求人探しを行っていく際のポイントとなるでしょう。特定の時期に残業が多くなるものの、1年間を通せばそれほどでもない求人も多いからです。この辺はひとつひとつの求人を詳しく吟味したうえで判断したいところです。

一方もっとも残業が少ない測量士求人は公務員、それも農林水産省や国土地理院といった職場でしょう。就職へのハードルは高くなりますが、ある程度余裕のあるスケジュールのもとで計画を進めていくため、残業続きの日々になることはほとんどありません。20代〜30代前半くらいまでなら魅力的な選択肢となるでしょう。一方公務員でも各都道府県の土木課になると少々忙しくなるようです。

意外な選択肢では出版社という選択肢もあります。地図を出版している企業でも測量士が求められていますが、正確さを求められる仕事だけに時間を十分にかけて行われるため、厳しいスケジュールの中で測量の仕事を求められることは少ないようです。ただひとつの仕事にかなりの時間をかけることが多く、出張先での滞在期間が長くなるといった面があることを踏まえておきましょう。測量のために遠隔地へ赴くという仕事柄、帰宅するのが遅くなりやすい仕事です。その点も考慮に入れたうえで残業が少ない求人を探していきたいところです。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.