高収入の測量士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の測量士の求人 >> 高収入の測量士求人

高収入の測量士求人

測量士の資格は難関国家資格として知られており、合格率は毎年平均10%を上回る程度の狭き門となっています。ただ、その難関を突破して測量士の資格を取得しても、それだけではなかなか高収入にはつながりません。土木工事や建設工事は全国至る所にあるので測量士の求人は全国各地で見つかりますが、そのほとんどは中小企業なので中途採用でいきなり驚くほど高収入を得るのは難しいでしょう。

もちろん測量士の年齢や経験によっても給与は変わります。20代の測量士は推定月給22万円程度ですが、30代になると約30万円、40代では約37万円と徐々に上昇していく傾向があります。平均年収では約300万円〜600万円の範囲にほとんどの測量士が含まれるでしょう。自身のスキルや経験によっても大きく違うので、資格はあるけれど実務経験はないというような中途採用者の場合、手取りの月給が15万円程度ということもよくあります。実際、薄給で休日出勤も含む長時間労働をこなす測量士は中小企業を中心に大勢いますから、自身のスキルに見合わないほどの高収入を得るのは難しいと思ってください。

このような状況で測量士が高収入を狙うには、どんな企業に転職するかが重要です。測量士は、測量会社を始め、土木会社、建設会社、不動産会社から官公庁や国土地理院などさまざまな職場で活躍していますが、安定した規模の大きい企業ほど収入は高くなる傾向にあります。業界別に見ると、建設コンサルタント会社なら年収500万円〜600万円の高給で測量士を募集する企業が多いです。土木系になるとそれよりはやや年収が下がってしまい、年収450万円程度が妥当なところでしょう。ただ、これらは大手に数えられる企業の話で、地元に根差した工務店レベルの中小企業だと、年収300万円台というところがほとんどです。高収入を狙うのであれば大企業がいちばんですが、あとは公共工事をどれだけ受注しているかにも注目してください。

高収入を狙える測量士求人の一例を見てみましょう。測量では最大手とされる東証一部上場企業の株式会社パスコでは、2017年8月の募集状況によると、年収450万円〜700万円、月給23万円以上で測量士の中途採用者を募集しています。パスコは世界でもトップクラスの航空写真測量の技術を持っており、国や行政からの受諾開発が全体の約8割を占める企業ですので、財政基盤が非常に堅固です。このような航空測量や海洋測量を行う大企業ではかなりの高収入が狙えますが、中途採用で入社するにはかなりの経験と能力が求められることは言うまでもありません。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.