公務員採用の測量士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の測量士の求人 >> 公務員採用の測量士求人

公務員採用の測量士求人

測量士には公務員待遇の就職先もあります。測量事務所や土木・建設業界といった業種がまず就職先の選択肢として挙げられますが、公務員にも測量の仕事が求められる分野があるのです。

具体的には国土地理院、国土交通省、農林水産省といった国家公務員としての待遇、さらに各都道府県の土木課が挙げられます。国では当然国内の地理や地形などを詳細に把握しておく必要があります。土地の利用状況や人々の生活環境、さらには自然災害の予防・対策などのためです。また公共事業をはじめ開発計画を行うための工事の計画・設計も行います。さらに自然の開発・保護のための調査も国が行うことになります。開発などの工事や地図の出版などは民間の企業が請け負う形で行いますが、その計画や準備は国や各都道府県が行うのです。

こうした公務員採用の測量士求人は人気が高い一方、数が少ないため募集が行われた際には高い倍率での競争となることがほとんど。それだけに情報収集を怠らず、募集が行われたらすぐに応募できる環境を整えることが大前提です。また公務員での採用の場合にはさまざまな制限が設けられていることがあります。もっとも多いのが年齢制限で、具体的な年齢は各求人によって異なりますが全体的に30代半ばくらいまでがボーダーラインです。公務員への転職を目指している場合にはできるだけ早い段階で決断を下した方が採用されやすいでしょう。また40代以降でもチャンスはゼロというわけではありませんから、自分の年齢でも応募できる求人を探してみましょう。各都道府県の土木課は年齢制限が緩い傾向があるので地元はもちろん、通勤が可能な範囲内の土木課の求人を探してみましょう。自治体のホームページからも採用状況を確認できるのも大きなメリットです。

公務員採用の測量士求人を探していく際には実際の仕事内容や就業環境もしっかりと確認しておきましょう。山や森などの自然で測量の仕事を行うケースが多いからです。それこそ全国各地のそうした場所をまわることもありますし、交通の便が悪いところでは重い測量機材を自分で運びながら山や森を分け入って進んでいく、といった環境も珍しくありません。女性にとってはトイレなどプライバシーの問題もでてくるでしょう。世間一般の「公務員=職場環境が恵まれている」というイメージとは少し距離があるのです。特に公務員の測量士の仕事内容や就業環境は情報を入手しにくいため、求人が出たからといってすぐに飛びつかず、ある程度の情報を確認したうえで判断したいところです。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.