30代向けの測量士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の測量士の求人 >> 30代向けの測量士求人

30代向けの測量士求人

30代は測量士にとっても就職・転職に適した時期です。この年代に資格を取得するケースも少なくありませんし、すでに一定のキャリアを積んでさらなる飛躍を目指すケースもあるでしょう。そのため求人探しではひとりひとりの状況を踏まえておくことが重要です。

30代向けの測量士求人の第一のポイントは公務員待遇の職場探しです。国土交通省、国土地理院、農林水産省といった国家公務員待遇はもちろん、各都道府県の土木課などの職に就けるのは30代半ばくらいまでといわれています。公務員への転身を目指すならこの時期に決断を下す必要がある、というわけです。求人の数や倍率なども含め、ハードルは決して低くはないため、自分にどれだけチャンスがあるか、現在の職場を辞めてまでチャレンジする価値があるかどうかをよく踏まえたうえで判断するようにしましょう。また、公務員待遇の職場といっても分野によって仕事内容にかなりの違いが見られます。雇用環境・収入の安定だけでなく、やりがいを持って働ける環境かどうかもよく確認しておくことが大事です。公務員の仕事はなかなか外部からは見えてこない面もあるため、求人情報の入手ルートはもちろん、職場情報に関しても詳しく入手できる環境を整えておきたいところです。

それから土地家屋調査士へのキャリアアップです。測量士のキャリアアップの手段として人気が高い職業ですが、土地家屋調査士を採用している企業・事務所では30代後半くらいまでを上限にする傾向が見られます。測量士からさらに一歩踏み出して自分の可能性を試したい場合にはこの仕事の求人情報を探していくのも一つの選択肢となります。キャリアにある程度の自信がある方は求人探しの際に頭に入れておきましょう。

こうした30代ならではの事情を除けばさまざまな業種・職種への転職の機会に恵まれています。まずは自分がなりたい仕事の求人情報を集中して集めていくとよいでしょう。キャリアがあまりない、あるいは資格を取得したばかりという場合には未経験でも採用されやすい土木関連や不動産業界が適しています。また意外なところでは地図を作成・出版する企業も有効な選択肢です。求人の数は決して多くはありませんが、残業・休日出勤が少なく、余裕を持った環境で働くことができます。30代といえば家庭を持つ時期、これまでの慌しい生活環境では家族と接する時間を十分に確保できない、という方はこうした就業環境も考慮に入れたうえで求人情報を探していきましょう。

一方、この時期の就職・転職がその後の測量士としてのキャリアを決定付ける面もあります。5年後、10年後も視野に入れて探していきたいところです。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.