20代向けの測量士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の測量士の求人 >> 20代向けの測量士求人

20代向けの測量士求人

20代向けの測量士求人は「どんな仕事ができるのか」だけでなく、「将来どんな仕事ができるのか」にも目を向けて探していく必要があります。まだ若いですから、さまざまな分野、業界への転職の可能性が広がっている一方、望む仕事ができない可能性があるからです。現実問題としてどの業界に就職しても20代の間は現場や用地測量がメインの仕事となります。そのためこれまでの職場での役割や仕事内容に不満を感じて転職を考えた場合、せっかく転職しても同じことの繰り返しになってしまう可能性もあるのです。ですから5年後、10年後にどんな立場でどのような仕事を担当することができるかも見ておきましょう。スキルアップや昇進の機会がどれだけあるかなども重要なポイントです。

20代なら基本的に測量士を必要としている業種すべてに門戸が開かれているといってもよいでしょう。特にチャンスが大きいのが建築業界です。測量士に対して安定した需要があるうえ、応募資格に実務経験が問われないケースが大半なのでスキルやキャリアに自信がない場合にはもっとも現実的な選択肢ともなるでしょう。また20代の場合にはしばらく建築業界で測量士として必要なスキルとキャリアを磨いたうえで別の業種やキャリアアップのための転職を目指すという選択肢もあります。

一方測量事務所など測量関係の業界では実務経験が優遇されるケースが目立ちます。そのため20代の場合は経験よりも若さややる気を優先する求人を探していくことが重要なポイントとなるでしょう。意外なところでは地図を作成している企業などもあります。こうした企業は若い人材を優先して確保することが多いのでチャンスです。ただ他の業種に比べると求人の数そのものが少ないので限られたチャンスを活かすことが大事です。条件にあった求人を見逃さないようにしましょう。

国土地理院や国土交通省といった公務員待遇の職場への転職を目指せるのは20代が最初で最後のチャンスといってもよいでしょう。中途採用のハードルは決して低いとはいえませんが、20代半ばくらいまでなら十分にチャンスがあります。公務員の場合はその後10年、20年と働き続けることが大前提ですから、単に待遇のよしあしだけでなく、やりがいを感じられる職場かどうか、自分が希望しているキャリアを目指せるかといった点も考慮しましょう。

このように、20代向けの測量士の求人探しでは業種ごとの傾向も見極めつつ、将来性を考慮した検討と判断が求められます。目先の待遇だけに惑わされず、広い視野の元で探していくようにしましょう。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.