測量士の仕事内容

測量士の求人探しTOP >> 測量士の転職の基礎 >> 測量士の仕事内容

測量士の仕事内容

測量士のメインの仕事となるのは当然測量です。キャリアをスタートさせたばかりのころはひたすら現地で測量の仕事に従事しながら仕事を覚えていくことになります。これは非常に重要な仕事で、もしいい加減な測量をしてしまうと建設の妨げになったり、安全性を揺るがすといった大きな問題を引き起こしてしまう恐れもあります。

建物はもちろん、橋や道路、トンネルなどを作る際には綿密な測量が必要になります。これは測量法という法律に基づいて厳格に行っていく必要があり、だからこそ測量士の資格が重要な鍵を握るのです。その土地の高さや形状、座標といった基本的な情報を踏まえたうえで測量を行っていきます。健在ではGPSや光波測距離、トランシットといった機器を使用しての測量が行われており、ひと昔前に比べて作業効率が大幅に向上しています。しかしだからといって測量士の仕事が楽になったわけではなく、ひとつの作業を早く済ませられる分少ない人員で多くの仕事を請け負うケースも多くなっています。

なお、この測量は業界によって内容が微妙に異なっており、いくつかの種類に分類することができます。まず土木・建設業によく見られる土木測量。測量の仕事のほとんどがこれに分類されます。先述した建築物を作るうえで必要なデータを揃える仕事です。それから地図測量。公務員の仕事や地図を作成・出版している企業に多い仕事で、地図を作成するために測量をする仕事です。測量が広範囲に及ぶこと、ヘリコプターや航空写真もうまく活用しつつデータを作成していくことなどが特徴として挙げられます。それから地籍測量です。特定の個人や法人が所有している土地の区画や範囲、広さを測量する仕事です。あまり機会は多くありませんが、相続や売買などの際に土地の境界を画定する際に行われます。

現地にまで直接訪れて作業を行う点が最大の特徴で、「外業」とも呼ばれています。全国各地へ出張したり、朝から自動車を運転して現地へ赴くいったケースも多く、重い測量機材を自分で運ぶといったハードな面も持ち合わせた仕事です。

測量士といえばこの外業ばかりを行っているイメージもありますが、実際にはデスクワークもあります。外業に対して内業と呼ばれているもので、外業の測量によって得てきたデータを計算・分析し、誤差などを確認したうえで修正や補正を行い、最終的に必要な形に加工・変換を行う仕事です。目立たない仕事ですが、このデスクワークがあってこそ実際に使える測量のデータが完成することになります。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.