測量士の転職とスキルアップ

測量士の求人探しTOP >> 測量士の転職の基礎 >> 測量士の転職とスキルアップ

測量士の転職とスキルアップ

測量士を巡る環境は厳しくなっていると言われています。土木・建設業界や不動産業界といったつねに需要がある職場で働き口がある一方、景気の低迷や公共事業費の削減などの影響を受けてどこも人件費の削減に動いており、測量士の就職・転職状況にも影響を及ぼしているからです。測量事務所の場合は人員の削減、建設・土木業界、不動産業界の場合は人材育成に時間をかけずに即戦力を求めるといった対策をおこなっている傾向が見られます。

こうした事情から収入に関しても早い段階で頭打ちになってしまうことも多く、独立開業でもしない限り高収入は難しいとも言います。そのため、測量士として生き残るためにはひとりひとりがスキルアップを目指していく必要があります。

測量士のスキルアップには2つの方法があります。まず実務経験を積みながらその道のエキスパートになる方法。土地測量や地図測量など特定の分野においてキャリアを積み重ねていき現場の責任者として相応しいスキルと信頼を積み重ねていく形です。その過程で仕事先からの信頼を獲得していけば昇給・昇進のチャンスが開けれますし、転職の際にも大きなアピールポイントとなります。先述のように収入に関しては頭打ちになってしまうこともあるため、転職でどれだけうまくキャリアアップができるかがポイントとなるでしょう。

もうひとつの方法は測量士から一歩踏み出してより幅広い業務を担当できるようになること。測量だけでなく企画や設計などにも関与できるスキル・知識を身につければ転職先が広がるだけでなく、職場においても存在感を増すことができます。転職する際には測量士にさまざまな業務を求めている仕事先を選んで探していくとよいでしょう。

他の資格を取得して組み合わせることで幅広い業務を行っていく方法もあります。もっとも有効なのが土地家屋調査士です。この仕事は土地の測量と登記に携わる資格のことで、不動産の区画や利用状況を把握し、登記などの申請の代行、紛争の際の手続きの代理といった仕事を担当します。測量の仕事が関わるため、資格試験を受験する際には測量士は一定の免除が適用されるので取得しやすいのです。

それから行政書士も選択肢の一つに挙げられます。こちらも申請業務に関わる仕事で、測量士の資格と併せて所持することで幅広い業務を担当することができます。将来的な独立の際にも大きく役に立つでしょう。

スキルアップをしたうえで転職を目指すもよし、スキルアップができる職場を求めて転職するもよし、測量士として生き残るために自らを磨く環境を目指してみてはいかがでしょうか。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.