測量士の年収・給料

測量士の求人探しTOP >> 測量士の転職の基礎 >> 測量士の年収・給料

測量士の年収・給料

測量士は土木・建設業界、不動産業界、さらには公務員などさまざまな業種で働き口があります。測量の仕事は多くの人が思っている以上に幅広く求められており、就職・転職のチャンスにも恵まれています。その一方、測量士がどれぐらいの収入を得ているのかについてはあまり知られていない面もあります。

建物はもちろん、橋やトンネルなどを作る際にも測量が行われます。建設の際はもちろん、その後の安全な使用のためにも測量士の果たす役割は非常に重いものです。そう考えると高収入を得られそうな印象もありますが、実際にはなかなか厳しい面もあるようです。さまざまな業種にまたがった仕事のため具体的な平均収入のデータはないのですが、全体的な目安として年収400万円程度と言われています。

民間のサラリーマンの平均年収がだいたいそれぐらいですから、平均クラスはもらっていることになります。これを高いと見るか低いと見るかはひとそれぞれでしょう。測量の仕事は建設業界や不動産業界のように景気の影響を受けやすい面があるものの、つねに需要がある仕事です。その分安定した環境で働けることを考えれば決して低くはないといえるかもしれません。一方、就業環境を考えると低いと考える向きもあります。

測量士の大事な仕事の一つが現場における測量です。そのため必要に応じて全国各地を回って測量を行う機会も多くなります。早朝から自分で車を運転して現地へ赴くことも珍しくありません。そして測量を行う場所によっては山や森の奥深くにまで重い測量機材を持ち込んで移動しなければならないこともあります。仕事が長引く場合には残業はもちろん、休日出勤を余儀なくされることも。この点は仕事の内容や勤務先によっても事情が異なりますが、ハードな面があるのは間違いなく、それに負担を感じる人にとっては収入は低いと感じるでしょう。

測量士の場合、キャリアを重ねて測量事務所を開業して独立するという選択肢もあります。当然そうなれば高収入が期待でき、独立開業した場合の平均年収は800〜1000万円程度といわれています。この水準なら間違いなく高収入といえますが、一方経営の難しさなどもあり、思うように収入を確保できないケースも少なくありません。

このように、測量士の年収・給料に関しては多少厳しい面もあります。高収入を得たい場合には土地家屋調査士の資格を取得するなどしてキャリアアップ・スキルアップを目指していくといった対策も必要になってくるでしょう。転職の際には給料だけでなくやりがいを感じられるかどうかも大事なテーマとなりそうです。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.