測量士の転職と履歴書

測量士の求人探しTOP >> 測量士の転職の基礎 >> 測量士の転職と履歴書

測量士の転職と履歴書

測量士として転職を成功させるには、採用担当者に「この人と会ってみたい」と思わせる魅力的な履歴書を作成する必要があります。資格や技術面だけでなく、あなたがどのような人物かがわかり、採用すればどのように会社に貢献してくれるのかがイメージできるような履歴書が理想です。それを踏まえたうえで、自分が培ってきた知識や経験がどんな形で役に立つのかを表した熱意ある志望動機を作成しましょう。

履歴書の志望動機の基本として、自己PRと応募先企業への熱意の表明が必要です。自分にどのような知識や経験があるのかをアピールすることは大切ですが、それが企業の求める人材像と合致していなければ採用には至りません。ですので、履歴書を書く際の前提として、企業研究は十分に行ってください。企業のホームページを見れば、求める人材像などもわかります。自分のすべてをアピールしようとするのではなく、その人材像に合う部分に絞ってアピールした方が相手も判断しやすいでしょう。

測量士としての転職では、測量へのこだわりももちろん大切です。「地元のインフラ整備に貢献したい」「地図に残る仕事がしたい」という大きな目標も立派ですが、より具体性のある自分の専門性やこだわりが明確にわかる文面にすることが大切です。履歴書の限られたスペースですべてのこだわりを書くことは難しいですから、全部を盛り込もうとするのではなく、「なぜ御社に興味を持ったか」「なぜ御社でなければいけないのか」に焦点を絞り、自分の専門性がどのように役立つかを簡潔に書きましょう。それを読んだ採用担当者に「会いたい」と思わせることが履歴書における志望動機の役割です。思いのたけは面接ですべてアピールすればよいので、「がんばります」とか「何でもやります」という言葉より、これまで培った強みや実績が具体的にどう生かせるかということに注力しましょう。

なお、履歴書を作成する際に、インターネットや書籍などの文面を参考にすることはよくありますが、志望動機のサンプル文をいくつかアレンジしてスペースを埋めるというようなことだけは避けてください。参考にしてよいのは履歴書の基本項目の書き方や体裁についてだけです。言い回しを変えても、他人の志望動機を使っては自分の熱意は伝わらないものです。それよりも、上で述べたような自分の測量士としての経験や専門性が応募先企業でどう再現できるかということを、自分の言葉で表現してください。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.