測量士の転職と面接

測量士の求人探しTOP >> 測量士の転職の基礎 >> 測量士の転職と面接

測量士の転職と面接

測量士に限った話ではありませんが、企業の面接において評価される人というのは、採用担当者に「この人なら一緒に働きやすい」と思ってもらえる人です。高い専門性が要求される測量士という仕事ですが、この点はほかの職種と共通しています。資格やスキルなどは履歴書や職務経歴書でだいたいのことはわかるので、面接で判断するのはあなたがどういう人物かということです。面接での質問もその点に沿って投げかけられます。また、測量士として転職するには応募先の企業に対する熱意のアピールが欠かせません。その企業がどのような種類の測量をしているかをしっかり調べ、自分の知識やスキルをどのように生かせるのかという視点も必要です。この二つが合わさることが面接では大切になります。

面接で志望動機を述べる際は、その企業がどのような種類の測量をしているかを踏まえて自己アピールすることが大切です。土木測量の会社であれば、橋、鉄道、ダムなど社会基盤となる土木工事に携わっていくことになりますから、社会貢献への視点も示しながら土木測量に対する熱意を強調することが基本です。自己実現と社会貢献がどのように両立できるのかをアピールすることができれば、面接での印象は良くなるでしょう。地図の測量の会社であれば、その企業がどのように測量を行っているのかをしっかり調べておきましょう。今の地図測量は、以前からの現地測量だけでなく、空中写真からデジタルで地図を図化する企業も多いです。

写真撮影の段階から自社で行うところもあれば、それは外部に依頼し自社では図化作業だけに専念するという企業もあります。応募先の企業がどちらのタイプかを把握していることは面接に臨むうえでの基本ですが、意外とそれがおろそかになっている人も多いです。そういう違いを踏まえて、なぜその企業を志望するのかを明らかにすることができれば、採用担当者に強くアピールすることができるでしょう。

測量の技術面に関するアピールでは、以上のようにその企業の測量の特色を調べ上げておくことが肝心ですが、最後の決め手になるのは、採用担当者にあなたと一緒に仕事がしたいと思ってもらえるような魅力があるかどうかということです。経験が不十分でいきなり測量士として即戦力とならなくても、熱意が通じれば助手や見習いからの採用という形もあり得ます。転職が初めてで面接が不安という方は、何度もシミュレーションして自分の言葉で思いを伝えられるように練習しておきましょう。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.