測量士の転職とボーナス

測量士の求人探しTOP >> 測量士の転職の基礎 >> 測量士の転職とボーナス

測量士の転職とボーナス

測量士の仕事はハードとよく言われます。もらっている給料に見合う仕事ではなく、それが不満で転職を目指すケースも少なくありません。さまざまな分野で測量士が活躍していることもあり平均年収を知ることができるデータは少ないのですが、全体では400万円程度といわれています。

もっとも多い収入を得たい、あるいは収入に見合った仕事ができる職場で働きたい、そんな願いから転職を目指す場合には求人情報の給料の面をよく確認しておきましょう。測量士の求人情報に掲載されている給料の情報はパッと見てわかりづらかったらり、他の求人との比較検討が難しい面もあります。「月給○○万円」の形で掲載されていることもあれば、「○○歳の年収モデルで○○○万円」など、実際に月にどれぐらいもらえるのかどのような内訳で給料が支払われているのか判断しにくい面もあるのです。ただでさえ外業の測量士は残業や休日出勤、出張の機会が多くなるため、手当や残業代が含まれているのかどうかを確認することが重要なだけになおさらです。

とくに曖昧にされることが多いのがボーナスです。具体的な金額や支払い基準が書かれていないだけでなく、年収にボーナスが含まれているのか、記されている月給の数か月分をそのまま受け取ることができるのか、求人情報だけでは十分に確認するのが難しいのです。

ボーナスは何ヶ月分くらいもらえるのか、これも平均年収と同様に業界ごとに差があるのでデータを取りにくいのですが、全体的な傾向としては3ヵ月くらいが目安となるようです。ただし土木・建設業界は景気の影響を受けやすいため、毎年安定してボーナスを受け取れるとは限らず、景気のよい年は多く、よくなかった年は少なくなるといった上下動も見られます。大きな仕事が入ったときに臨時ボーナスがもらえる、といったケースもあるようです。

このように、収入を重視して測量士の転職を目指す場合にはこうした注意点を踏まえたうえで情報収集を行っていくことが重要です。月収に手当や残業代が含まれている場合、そうでない場合に比べてボーナスが少なくなりますから、できるだけ細かい内訳を確認しておきたいところです。求人情報だけでは十分な情報を得られない場合には直接問い合わせたり、転職エージェントを利用して詳細な情報収集を目指すといった対策もオススメです。いざ入職してみたら「思っていたよりも少なかった」「仕事の量に対して割に合わない」といった不満を抱えるようなことがないようにしたいものです。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.