測量士の採用基準

測量士の求人探しTOP >> 測量士の転職の基礎 >> 測量士の採用基準

測量士の採用基準

測量は極めて高い専門的な技術を要するため、測量士は国家資格のなかでも難易度の高い資格です。ただ、たとえ難関試験を突破できたとしても、資格さえあればすぐに実務で活躍できる仕事でもありません。測量士の採用基準としては、資格取得者であることはもちろん、多くの職場では実地の経験を掲げています。測量士の求人が出る企業には、測量事務所、航空測量会社、コンサルタント会社ほか、建設、土木、不動産業界などの企業が挙げられます。土木課や水道課など官公庁でも測量士は欠かせませんが、一般に求人が出るのは上記のような業界の中小企業が大半です。全国どこでも測量士が活躍できる場はあるので、採用基準は高いですが求人自体を見つけるのはそれほど難しくないでしょう。

冒頭でも述べたように、測量士は資格さえあれば採用されるものではありません。測量を行う事業所に測量士の存在は必須ですが、資格保持者は一事業所に一名であることが多いので、資格だけの未経験者だとなかなか採用は難しいです。求人を募集する企業は即戦力となる人材を求めているので、資格以外にアピールできる実績や経験が重要でしょう。また、測量士資格以外に土地家屋調査士など測量業務に深い関連のある資格を持っていると、ただの測量士より重宝される傾向があります。

技術面でのアピールで言えば、同じ測量でも企業によって特徴が異なるため、その違いを踏まえたうえで志望動機を作成することが大切です。たとえば、土木測量の会社なら土木工事に関する実績がアピールになります。地図測量の会社なら、現地測量だけでなくデジタル技術によって航空写真の図化をする作業があるところもあるので、あらかじめこうした違いまで把握して面接に臨む方が、漫然と測量をひとまとめに考えている人より大きなアピールになることは間違いありません。

技術的な面で採用基準を満たすための心構えは以上の通りですが、測量は大勢の人が共同作業で行う仕事ですから、人間性が何よりも重視されます。測量とは大規模な建造物などものづくりにかかわる仕事であり、一つの仕事を達成するには内外の人との連携が必須です。野外での作業と社内でのデスクワークをバランスよくこなすには、忍耐力とコミュニケーション能力が不可欠になります。測量士は、一緒に長く働くことを前提とした求人が多いですので、即戦力足る技術を持っていることはもちろん、このような人間的な魅力を問われるものであることを心しておきましょう。

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.