測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト>

測量士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートエージェントは転職実績ナンバーワンの支援サイトです。リクルートグループというブランドイメージも大きな魅力です。2013年6月までの時点で非公開の求人件数が約8万件。これは取り扱っている求人の9割ほどに上ります。他の転職エージェントでは見つけることができない待遇の良い求人をいち早く入手することが可能です。しかも業種の範囲も幅広く、測量関連の求人も幅広い業種について入手していけることも大きなメリットです。

マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビグループが提供するマイナビエージェントでは、グループが持つ幅広い情報網と人脈を駆使したサポート体制が大きな魅力です。測量士のように幅広い業種で求められてる職種の求人も多数取り揃えており、他の転職エージェントでは見つけられないような意外な業種や分野からの求人もゲットすることが可能です。大手はもちろん、ベンチャーや中小規模の企業からも求人も数多く、希望に合わせた求人探しを行っていけます。各業種ごとに用意された専任のキャリアコンサルタントによるサポートも魅力です。

ビズリーチ 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
求人掲載数は約3万5000県、採用企業数は3400社にのぼります。大手から中小、ベンチャーまで、びずりーちは幅広い就職先を紹介している会員制転職サイトです。さらに転職ヘッドハンターも約1300人。ひとりひとりのキャリアや能力に合った職場探しに強力なサポートを提供しています。測量士のような専門的なスキルを備えた職種なら自分で求人を探すだけでなく、企業からのスカウトを期待することも可能です。高収入の求人も多く、これまでのキャリアを活かしながら年収アップとキャリアアップの両方を目指していくこともできます。

測量士の転職のポイントは?

測量士の転職のポイントとしては、まずこれまで自分が培ってきたキャリアを生かせる職場で働けるかどうかです。建設業界をはじめどの業界でも経費削減の影響で人件費を圧縮している状態のため、雇う測量士の数も限られている上に人材育成に十分な時間とお金をかけたがらない傾向が見られます。そのためどの職場でも即戦力が求められており、新しい分野、業種への転職はなかなか難しい面もあります。基本的にはこれまで働いてきたのと同じ業種で、採用されれば即戦力としてすぐに活躍できることをアピールできる職場を探していくことになります。

一方、転職となるとそれなりの待遇が必要です。前の職場に不満を感じて辞めたにしろ、キャリアアップ・スキルアップを目指して辞めたにしろ、当然次の職場に対する理想や条件があるはずです。ただ採用のチャンスがあるかどうかだけでなく、自分がよい条件だと思える職場を見つけられるかどうかが鍵となるのです。測量士事務所ならともかく、建設業界や不動産業界などでは事務所に一人測量士を置くだけというケースも多いため、転職活動の際にはどれだけ狭き門をクリアできるかが大きな鍵となります。求人情報を幅広く、いち早く入手できるための環境を用意しておくこと、採用の際にうまく自己アピールできるよう履歴書・職務経歴書の作成や面接対策などの準備をしっかり行っておくことが大事です。測量士の仕事は測量だけに留まらず幅広い範囲に及びますから、その点をうまくアピールできる準備を行っておきたいところです。

転職を機にキャリアアップを目指すのもひとつの選択肢です。測量士のキャリアアップの選択肢として人気が高いのが土地家屋調査士。登記申請などに必要とされる資格で、測量の仕事が伴うため測量士の資格を保持していると資格取得の際に優遇措置を受けることができます。他にも不動産業界への転職を目指す場合には不動産鑑定士や行政書士といった資格も役立ちます。取得のハードルが少し高い資格もありますが、転職と機に取得を目指してみるにも将来のキャリアを検討するうえでひとつの選択肢となるでしょう。

測量士の仕事は建設業界や不動産業界と深く関わっている影響もあり、景気の動向に大きく左右されます。そのため今現在の業界の動向だけでなく5年、10年後のことも考えて安定した環境で働けそうな業種を選ぶことも転職の際の大事なポイントです。現在の自分のスキルとキャリアで何ができるのか、これから何をやっていきたいのかをよく考えた上で求人選びを行っていくようにしましょう。

測量士の採用基準は?

測量は極めて高い専門的な技術を要するため、測量士は国家資格のなかでも難易度の高い資格です。ただ、たとえ難関試験を突破できたとしても、資格さえあればすぐに実務で活躍できる仕事でもありません。測量士の採用基準としては、資格取得者であることはもちろん、多くの職場では実地の経験を掲げています。測量士の求人が出る企業には、測量事務所、航空測量会社、コンサルタント会社ほか、建設、土木、不動産業界などの企業が挙げられます。土木課や水道課など官公庁でも測量士は欠かせませんが、一般に求人が出るのは上記のような業界の中小企業が大半です。全国どこでも測量士が活躍できる場はあるので、採用基準は高いですが求人自体を見つけるのはそれほど難しくないでしょう。

冒頭でも述べたように、測量士は資格さえあれば採用されるものではありません。測量を行う事業所に測量士の存在は必須ですが、資格保持者は一事業所に一名であることが多いので、資格だけの未経験者だとなかなか採用は難しいです。求人を募集する企業は即戦力となる人材を求めているので、資格以外にアピールできる実績や経験が重要でしょう。また、測量士資格以外に土地家屋調査士など測量業務に深い関連のある資格を持っていると、ただの測量士より重宝される傾向があります。

技術面でのアピールで言えば、同じ測量でも企業によって特徴が異なるため、その違いを踏まえたうえで志望動機を作成することが大切です。たとえば、土木測量の会社なら土木工事に関する実績がアピールになります。地図測量の会社なら、現地測量だけでなくデジタル技術によって航空写真の図化をする作業があるところもあるので、あらかじめこうした違いまで把握して面接に臨む方が、漫然と測量をひとまとめに考えている人より大きなアピールになることは間違いありません。

技術的な面で採用基準を満たすための心構えは以上の通りですが、測量は大勢の人が共同作業で行う仕事ですから、人間性が何よりも重視されます。測量とは大規模な建造物などものづくりにかかわる仕事であり、一つの仕事を達成するには内外の人との連携が必須です。野外での作業と社内でのデスクワークをバランスよくこなすには、忍耐力とコミュニケーション能力が不可欠になります。測量士は、一緒に長く働くことを前提とした求人が多いですので、即戦力足る技術を持っていることはもちろん、このような人間的な魅力を問われるものであることを心しておきましょう。

TOP

測量士の転職の基礎

条件別の測量士の求人

地域別の測量士の求人事情

測量士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 測量士の求人探し<※転職する際に読むサイト> All Rights Reserved.